新生児肌着を贈ろう

出産祝いに小さくて愛らしい新生児用の服や靴を選ぶ人も多いでしょう。体温調節がうまくできない新生児には、吸湿性と体温調節を目的とした新生児肌着も必需品です。新生児肌着の購入にはどんなポイントがあるのでしょう。

新生児肌着は着脱のし易さやサイズに融通がきくように、前合わせのものが多いです。綿やガーゼなど肌に優しい素材を選びましょう。襟ぐりのパイピングや、タグや縫い代が袋縫いか表に出ているなど、細部に新生児に優しい工夫があります。

種類種類は5つです。腰丈の短肌着は生後3ヶ月位まで、つま先まであり短肌着の上に重ねる事が多い長肌着はねんね期位まで、裾がM字に分かれているコンビ肌着は生後3ヶ月~1歳頃までです。足首まであり体にフィットするカバーオールや足の無いロンパースは、上下が繋がっていて動いてもお腹が出ないので冷え防止にもなり、2歳前後まで着用可能です。ロンパースはかぶるタイプが多いので首が据わってから着ることになります。

肌着は1枚で着ることもできますが、外出時には羽織るものが必要です。種類の違う肌着やベビー服と組み合わせて購入しても良いでしょう。短肌着の上にコンビ肌着を着たり、ロンパースにカバーオールを着たりとさまざまなアレンジが可能です。

肌着は季節を問わず1年中必要なアイテムです。新生児の肌に最も触れるからこそ、素材や品質にこだわって喜ばれる肌着を選びましょう。

出産祝いのポイント

出産の報告は受けた側も嬉しくなって、すぐにお祝いしたいと気持ちが逸るのは分かります。しかし、勢いでお祝いしては折角の出産祝いが有り難迷惑になってしまう可能性もあります。マナーや注意点を踏まえて出産祝いを贈りましょう

マナー出産祝いを贈る時期は、産後7日から1ヶ月以内が一般的です。出産直後は入院中だったり体調が優れないこともあったりするので、母子ともに体調や状況を確認しましょう。入院中や自宅に訪問する場合は、必ず事前に連絡をして先方の都合を尋ねます。訪問する場合は相手の負担にならないように短時間でお暇しましょう。出産祝いは自宅へ配送して、後日会えたときにお祝いを言う方法もあります。また、自分が風邪をひいているときの訪問は避けましょう。

出産祝いは素材に注意が必要です。おもちゃなら口に入れても安心な素材や大きさの物を、食器なら落としても割れない物、ベビー服や新生児肌着なら綿素材など肌に優しいものを選びます。

ベビー服や新生児肌着はサイズ選びにも注意します。サイズ表示は身長で表示されていることが多いです。長く着用できるものは「60~70」のように記載されています。表示があれば月齢も参考にしましょう。新生児は成長が早く大きさもさまざまなので、少し大きめを選ぶことがポイントです。

親御さんの好みに合うことも大切です。相手の状況などを考慮しながら選んだ出産祝いでお祝いの気持ちを表現しましょう。

出産祝いを贈ろう

出産祝いとは、新生児の誕生を一緒に喜ぶとともに、妊娠・出産を終えた母親をねぎらう贈り物です。新生児用の商品は見た目にも可愛らしいデザインの物が多く、貰った側がなにが嬉しいのか混乱する人もいるでしょう。たくさんあっても困らない出産祝いとはどのようなものでしょう。また、出産祝いにはどんなマナーや注意点があるのでしょう。

出産祝い出産祝いを贈る時期はお七夜からお宮参りまでが一般的です。直後は体力を消耗して疲れていたり入院中の場合もあったりするので、必ず事前に連絡して先方の体調や状況を確認しましょう。自分が体調不良の場合、母子ともに影響があると危険なので訪問は避けます。訪問時の滞在は短時間に留めたり、出産祝いは郵送するなど相手の負担にならない柔軟な対応が大切だったりします

出産祝いは安全な素材を選びます。服や肌着を購入する場合、サイズは身長で表記されることが多いので確認しましょう。成長に差があるので少し大きめを選ぶことがポイントです。

新生児肌着は、生後3~4ヶ月までの短肌着と長肌着、1歳位までのコンビ肌着、2歳前後までのカバーオールやロンパースの5種類です。カバーオールとロンパースは上と下が繋がっています。ロンパースはかぶる形が多いので首が据わってから着用します。外出時は羽織る物が必要なので、形の違う肌着やベビー服と組み合わせて贈っても喜ばれるでしょう。新生児肌着は素材に綿やガーゼを使い、縫い代が表になっているなど新生児の敏感な肌に優しい作りです。

体温調節ができず大量に汗をかく新生児にとって、新生児肌着は絶対に必要なものです。このサイトでは出産祝いのポイントと新生児肌着を贈るときのポイントを説明します。