出産祝いのポイント

出産の報告は受けた側も嬉しくなって、すぐにお祝いしたいと気持ちが逸るのは分かります。しかし、勢いでお祝いしては折角の出産祝いが有り難迷惑になってしまう可能性もあります。マナーや注意点を踏まえて出産祝いを贈りましょう

マナー出産祝いを贈る時期は、産後7日から1ヶ月以内が一般的です。出産直後は入院中だったり体調が優れないこともあったりするので、母子ともに体調や状況を確認しましょう。入院中や自宅に訪問する場合は、必ず事前に連絡をして先方の都合を尋ねます。訪問する場合は相手の負担にならないように短時間でお暇しましょう。出産祝いは自宅へ配送して、後日会えたときにお祝いを言う方法もあります。また、自分が風邪をひいているときの訪問は避けましょう。

出産祝いは素材に注意が必要です。おもちゃなら口に入れても安心な素材や大きさの物を、食器なら落としても割れない物、ベビー服や新生児肌着なら綿素材など肌に優しいものを選びます。

ベビー服や新生児肌着はサイズ選びにも注意します。サイズ表示は身長で表示されていることが多いです。長く着用できるものは「60~70」のように記載されています。表示があれば月齢も参考にしましょう。新生児は成長が早く大きさもさまざまなので、少し大きめを選ぶことがポイントです。

親御さんの好みに合うことも大切です。相手の状況などを考慮しながら選んだ出産祝いでお祝いの気持ちを表現しましょう。