出産祝いを贈ろう

出産祝いとは、新生児の誕生を一緒に喜ぶとともに、妊娠・出産を終えた母親をねぎらう贈り物です。新生児用の商品は見た目にも可愛らしいデザインの物が多く、貰った側がなにが嬉しいのか混乱する人もいるでしょう。たくさんあっても困らない出産祝いとはどのようなものでしょう。また、出産祝いにはどんなマナーや注意点があるのでしょう。

出産祝い出産祝いを贈る時期はお七夜からお宮参りまでが一般的です。直後は体力を消耗して疲れていたり入院中の場合もあったりするので、必ず事前に連絡して先方の体調や状況を確認しましょう。自分が体調不良の場合、母子ともに影響があると危険なので訪問は避けます。訪問時の滞在は短時間に留めたり、出産祝いは郵送するなど相手の負担にならない柔軟な対応が大切だったりします

出産祝いは安全な素材を選びます。服や肌着を購入する場合、サイズは身長で表記されることが多いので確認しましょう。成長に差があるので少し大きめを選ぶことがポイントです。

新生児肌着は、生後3~4ヶ月までの短肌着と長肌着、1歳位までのコンビ肌着、2歳前後までのカバーオールやロンパースの5種類です。カバーオールとロンパースは上と下が繋がっています。ロンパースはかぶる形が多いので首が据わってから着用します。外出時は羽織る物が必要なので、形の違う肌着やベビー服と組み合わせて贈っても喜ばれるでしょう。新生児肌着は素材に綿やガーゼを使い、縫い代が表になっているなど新生児の敏感な肌に優しい作りです。

体温調節ができず大量に汗をかく新生児にとって、新生児肌着は絶対に必要なものです。このサイトでは出産祝いのポイントと新生児肌着を贈るときのポイントを説明します。